• 天野整形外科 あまの皮ふ科

  • 診療時間午前 9:00~11:30 / 午後15:00~17:00 / 午後休診日あり
    電話応対8:00~18:00 (水・土は 8:00~13:00) 診療担当表

皮ふ科

フットケア

フットケア

 

陥入爪、巻き爪、刺し爪、ウオノメ、タコ、外反母趾・・・

靴の指導・足趾の運動訓練、巻き爪矯正法を当院整形外科・リハビリテーション科と連携して治療しています。(一部自費診療)

爪のトラブル

当院を受診される患者さんの多くが “生爪をはがされると思っていた”と受診を躊躇され痛みが強くなって受診される患者さんも少なくありません。
陥入爪、巻き爪、刺し爪など爪が皮膚にくい込んで痛くて歩けない、爪の形が変形しているなど当院では、患者さんの爪のトラブルの種類や程度に応じた様々な治療法があります。当院では患者さんと相談しながら、その方にあった治療法をご提案しております。
お気軽にまずご相談ください。早めの受診をお勧めします。

当院での治療法

テーピング法 / アクリル人工爪 / チューブ法 / 3TO(VHO)矯正法 / ペディグラス矯正法など
(保険適応の処置、保険適応外処置等、詳しくは診察時にご相談ください。)

 

特殊なワイヤーを使った巻き爪の治療“3TO(VHO)法(ドイツ式)”

手術をせずに巻き爪が矯正できる“VHO法”を取り入れています。

 

vho%e6%96%bd%e8%a1%93

 

 

深くくい込んだ爪を特殊なワイヤーで持ち上げ、矯正します。施行中も痛みが少なく、麻酔も必要ありません。直後から「爪のくい込みによる痛みがとれた」と患者さんにも好評です。

 

 

VHO前施行後はワイヤーをジェルネイルで固定するため、当日から入浴もでき、マニキュア感覚で過ごせます。2~3カ月に1回の入れ替えが必要です。(入れ替えの期間は個人差があります)

 

vho%e7%b5%8c%e9%81%8e
初回(1母趾) 10,000円 2回目以降の入れ替えのみの場合 4,000円
2回目以降の金額は、状況によって変わることがあります。

日本で開発された、透明の補正器具を使った“ペディグラス矯正法”

当院では、ペディグラスの資格の中で、より高度な技術の「足爪補正士」を取得した医師が施術を行っています。

ペディグラス法は、
爪に透明な矯正板を特殊な接着剤でつけ、爪の端を引き上げます。
爪と透明な矯正具を接着剤で固定し、爪と一体化させるため、矯正具が目立ちません。

ペディグラス法の特徴
痛くない
施術後即座に痛みが消える
爪の先端が無くてもOK
再発率が低い
見た目に美しい
片側だけの巻き爪にも対応
小さな爪でもOK
  • 治療前

    treat_before

  • arrow-pink
  • 治療開始3ヶ月(1回目矯正直後)

    treat_after

2回矯正(補助器具2か所使用)メンテナンス含む 合計32,500円(税抜き)
※巻き爪の程度によって回数、金額は個人差があります。

巻き爪補正

*補助器具を装着する場合の1箇所の料金

軽度の巻き爪 5,000円
中度の巻き爪 6,000円 ~ 7,000円
重度の巻き爪 8,000円
爪の根元上げ 7,000円

*プリパレーション

1趾(ゆび) 500円 ~ 2,000円

*補正器具装着後のメンテナンス

1趾(ゆび) 3,000円 ~ 4,000円

巻き爪補正にかかる期間の目安は個人差が有ります。
当院では、巻きの強さによって施術料金が決まる、
わかりやすい料金システムを採用しています。

※爪の周囲がただれていたり、水虫がある場合など、爪、爪周囲の状況によっては矯正法ができない場合があります。その場合は保険での治療が優先となりますので、まず診察でご相談ください。

© Amano orthopedic・Amano dermatology Clinic ALL RIGHTS RESERVED.